もったいない

e0188996_13455169.jpg 今日はBNTの下げ札のお話をさせてもらいます。

 10数年前ダンボールに麻紐だった下げ札から今の札に変

 える時何となく捨てるのが 「もったいないな!」 と思って

 もらえる様な物にしたくて色々考えた末、当時BNTはデニム

 のパンツが中心だったので沢山革パッチ(デニムの後ろの

 パチ)を使っていました。そこで革パッチ屋さんの社長に

 電話して見積りを出してもらってビックリ!そりゃ~そ~

 だよね~。本革だっもんね~。ヒモはオイルレザーのヒモに

 したいし、高くなるよね~。そこでふと考えて

 革ラベルを抜いた後の端っこはどうしてるのかな? もし捨てているのならそこで作ってもらえれば Happy price にならないか、
 
 と問い合わせたとこ、「うちは助かって良いんですが、本当に良いんですか? 端っこだから傷はあるし色んな革が混ざりますよ。」
   
 と言われて大喜び、頼んででも全部違う素材にしたいぐらいだったので最高。後はヒモの問題です。

 ヒモと言ってもバカにはできません、オイルレザーのヒモは1m、150円位だったので1枚に付き28cm必要なので

 150÷(100÷28)=え~!42円・・・・・チ~ン! そこで0番糸(太い糸)を焦げ茶色に染めた糸で対応、
 
 糸の撚りをほどいて自然に戻せば、表面に もさもさ感が出て良い感じになります。 今でも1本ずつこうやって作ってるんですよ。

 久しぶりだったので長~くなりましたが、一度手にとって良く見てください、内職の方の温かさが伝わって来来ますよ! きっと 
by bovis | 2011-12-07 15:08 | 日記
<< 下げ札 弁当箱 >>